FP資格なんて取っても意味ない?資格を取るより人生に直結するスキルとは?

こんにちは!ぷうかです。

 

私は今では会社に所属せずに生活をしていますが、

金融営業マン時代から、

「FP(ファイナンシャルプランナー)資格は意味ある?ない?」という議論はよく耳にしていました。

今日は、元金融機関外回り営業で年収1000万で、

FP資格を持っている私が、

FPの取得は意味があるのかないのか?という議論に、

実務経験と、現在独立した人間という超リアルな意見を話していきたいと思います。

 

FP資格は意味がない?結論とその理由3つ

結論から先に申し上げておきますと、

FPはとっても意味はありませんでした。

全くというわけではなく、一般教養としてはありかと思いますが、

何よりそれにあてた時間が非常に勿体なかったというくらいに、うまみがありません。

 

その理由を5つお話します。

①収入が上がるわけではない

はい。これ1番の理由なんですが、

そもそもなぜあなたは資格を取りたいと思うのでしょうか?

多くの人が、「キャリアを上げたい、その結果収入を上げて、生活を豊かにしたい。」

こう答えるでしょう。

 

しかし、多くの場合、FPの資格を所持しているからと言って、

基本給が上がることはほぼありません。

実際私がいた大手日系の金融機関も、昔はFPを持っていると若干給料がよくなったらしいですが、

私が入社した平成24年の時点で、既に持っていてもなんの恩恵も受けられませんでした。

 

むしろ、多くの場合給料が上がるとか、仕事の幅が広がるという金融系の資格としては、

  • 証券外務員2種・1種
  • 保険募集代理人

などです。(私も持ってました)

なぜなら、これらの資格がないと金融商品を販売できないからです。

まぁ一種の免許のようなものです。最も基本的な資格として、月数千円程度の手当がつくケースが多いようですね。

 

②誰でも取れちゃうレベル(一般常識レベル)

これは私は取得のために勉強してる時点で気が付いたのですが、

金融機関に勤めている人であれば、勉強しなくても受かってしまうレベル(特に3級)で

難易度が低いです。

 

なので例えば、

就職時に「FPを持っています」と言っても、「で?」という印象になってしまうほど

かなり敷居の低い資格になります・・・

先ほどの「証券外務員2種・1種」の方が実用できるし、難易度も高いので、

金融機関に就職するならこちらを取得した方がまだアピールになるかと思います。

 

また、FP資格って、他の専門資格の要点つまみ食いみたいな資格になっているんです。

分かり易く言うと、

  1. ライフプランニングと資金計画・リスク管理→単なる金融アドバイザー
  2. 年金・社会保険→社会保険労務士
  3. 金融資産運用→証券アナリスト
  4. タックスプランニング→税理士
  5. 不動産→不動産鑑定士や宅地建物取引士
  6. 相続・事業承継→税理士

を、広く浅く網羅しているような知識のテストになります。

 

元営業マンから言ってしまうと、

どれも会社の資料や紙芝居(お客様にお見せする資料のこと)で網羅できる知識がほとんどですし、

広く浅くなので、そこまで驚かれるほどの専門的な知識でもありません。

一般教養として、信用を得られる知識で、わざわざ資格を取らなくても学べる範囲です。

(1級に関しては別ですが)

 

私も取得してから後悔したのでこんなことを言うのもあれですが、

「この資格を取るのに、わざわざお金と時間使っちゃったのかぁ・・・」

と、、落胆しながらも、仕方なく試験会場に足を運んだ、という感じでした。

 

③仕事で使えない

これは完全に、実務経験者の立場からもお話できるのですが、

FP資格で培った知識は、営業にはほとんど必要ありません。

 

何故かと言うと、「サービスや商品を【売る】スキル」はFPでは学べないのですが、

営業(外回りでも窓口でも)で最も重要なスキルは【売る】スキルだからです。

 

むしろFPで学んだ知識をべらべらと語っても、

お客様はうんちく自慢が聞きたいわけでもないので、離れていってしまって成約には逆効果になります。

それよりも、目の前のお客さんが何に悩んでいて、どうしたいのかをキャッチして、

そこに訴求する【売る】スキルの方が100倍も重要です。

 

営業でFPをなんとか使いたいというなら、

名刺に記載すると、個人向け営業なら、少しだけ信用が上がるかな、といった感触です。

法人ならあまり効果は無いのかなと思います。

 

FP資格よりも圧倒的に重要なスキルに時間を使え

上記以外にも、

金銭的コストがかかること、

そして時間をかけてしまうことも、

FP資格の取得を取ることをおすすめしない理由になります。

 

特に時間というのは有限で、

お金はあとからいくらでも稼いで増やすことができますが、

時間というのは、いくらお金持ちの人であっても、巻き戻すことはできないわけです。

 

「じゃあ何をすべき?」というところになるのかと思いますが、

ここで一番最初に私が話したことで、

「そもそもなぜあなたは資格を取りたいと思うのでしょうか?」という質問に戻らせていただきます。

 

多くの場合、

  • スキルを上げて収入を上げたい
  • 給料が少ないから資格でキャリアを上げることを目指したい
  • 収入を上げて今より豊かに生活したい
  • 将来の不安をなんとか失くしたい

などが上がるかと思います。

 

ならば答えは簡単で、

「収入を上げるスキル」をきちんと身に付けることをおすすめします。

 

しかし、会社の給料を上げるといっても、

仮に昇進をしても、1度の昇進では月に数千円~3万円程度が限界だと思います。

管理職クラスを目指すのには何年もかかりますし、管理職になったからといって、

会社の経営状況によってはさほど給料が変わらなかった、残業と責任が増えただけ。

という話はザラです。

 

ではどうするかというと、

「個人で」収入を上げるスキルを身に付けるのが一番ということです。

 

例えば私は、会社員として営業をしている時から

個人でメルマガの運営を行っていましたが、

そのメルマガからは、当時から月に10~30万が自動で生み出されていましたし、

今ではもっと多くの収益が1つのメルマガから上がってきています。

 

個人で稼ぐスキルを身に付けるために勉強を始めてから

ちょうど1年で、会社を退職するに至っています。

もちろんもともとビジネスの知識や経験があったわけではなく、

0からのスタートです。

 

今では朝は目覚ましを掛けずに起きて、

コーヒーを飲みながらPCを開くという一日のスタートを送ることができていて、

何にも縛られないで稼ぐというのができている状態です。

こうなると、とても幸福度があがったし、

なにより「自分で人生を決めて歩んでる・・・!」という確固たる自信がつきますね。

 

 

会社の給料が上がるのを待っていると

数年単位で時間をかけることになりますが、

個人がパソコン1台でビジネスをするなら1年あれば十分です。

そのあたりは私の詳しいプロフィールを見てもらえたらと思います。

 

 

以上、FP資格が役に立たないと言われる理由と、それよりも大事なことでした。

では!

無料で「Amazon出版電子書籍」と「動画セミナー」がもらえます!

私は大手金融機関の営業職を6年経験しました。

 

最初はやればやるほどお金がもらえるので

いい仕事と思っていましたが、

お給料は多くても、

  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労

これが一生続くと思うと

「できない。」

この一択でした。

 

そこで、

インターネットの「仕組み」を作って

お金も時間も自由になるネットビジネスを始めました。

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、

ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

 

登録の無料プレゼントとして、

私のこれまでを物語にした「電子書籍」と、

私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」がもらえます。

 

電子書籍は、通常1200円でkindle出版のところ、

期間限定で無料配布しているので、

ぜひこちらから受け取ってみてください。

→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!