彼氏のカバンから、ホテルのメモが出てきた話。【浮気】

 

こんにちは!ぷうかです。

 

今日は当時彼氏(もちろん別れました)のカバンから

ホテルのメモ帳(女の子と彼氏の両方が書いたであろうドラ〇もんとピカ〇ュウの絵か描かれていましたw)が

出てきた話をしようと思います。

 

この事件はもう3年くらい前の話になるんですが、

私は22~26までの4年間、同棲していた彼氏が当時いまして。

同じ会社の別の部署の人で、私の同期の学校の先輩だったって言うところからお付き合いが始まりました。

私がアパートを引っ越すタイミングで同棲生活が始まり、

結果、婚約破棄だったんですが、それまでずっと一緒に生活を共にしてました。

 

ただ、私の当時のマインドは

経済的には営業の手当で割といただけてて自立してたんですけど、

精神的には依存体質で。

 

 

この事件未だにちゃんと覚えてるんですが、

ある日曜日の午後、本当にたまたま部屋を掃除してた時に、

彼氏の会社用の黒いカバンが、リビングに直置きされていてちょっと邪魔だったんですね。

だからちょっとよけようとしたんです。

 

そしたら、カバンの中に空っぽのコーラのペットボトルが入ってるのが見えたので、

「また捨てないでそのまんまかい・・・!」的な感じで

そのペットボトルをひょいってカバンから出した時に、

 

・・・見えちゃったんですよ。

見ちゃいけないものが見えてしまいましてね。

 

カバンの内ポケットが開けっ放しになってて、

白い紙が見える。

 

その紙にちらりと見えた、「○○Hotel」と青いインクで印刷された文字。

 

「○○ホテル?聞いたことないぞ?」

 

と思った時には、なんの悪気もなくその紙を抜いて見てしまいました。

 

ぶっさいくなドラ〇もんと、全然似ていないピカ〇ュウ。

隣にはこれはやりすぎだろと思うほどに、可愛くデフォルメされた同じキャラクター達。

 

私も幼稚園レベルで馬鹿というわけでもないので、

一瞬でお察ししました。

「ああ、これやったな?」と。笑

 

浮気だなって思ったんですよね。

で、その日彼氏は出かけていたので、

帰宅後、秒で問いただしました。

「これはなんだ。」と。

「お前やったな?」とw

 

で、白状すると思いきや、一瞬目が泳いだのは見えたけど、

「いやいや、複数人で、男性もいました。」と。

 

「このホテルは複数で宿泊可能なの?」と聞くと、

「うん。」と答えが返ってきました。

 

「いやいやいや・・・苦しすぎるでしょwww」とは思ったものの、

「まあいいか。」と、

「分かった~。」と言ってそのままおしまいにしてしまいました。

(もちろんその後調べたら、複数人の宿泊は基本的にはないようなホテルでした。)

 

結局その後半年も経たずして、お金が使われてしまってたことが発覚し、

結婚式前に分かれたんですが、

実は重病の方は私の方でして。

 

私がなんでこの時にもっと問いたださなかったかというと、

「結婚するため」でした。

 

 

今考えると「ぷうか、頭おかしいよそれ・・・」となるんですが、

当時の私は申し上げた通り、かなりの依存体質で、

父親もほぼいないで育って、高校時代にお付き合いしてた人とはあっさりとした付き合いで終了したので、

「私と結婚しようと言ってくれる人なんて、この世にこの人しかいないだろ。」

と、思ってました。ガチで。

 

で、営業マンとなると結婚してた方がお客さんから信頼されるかも。

会社でも結婚してた方が出世しやすいかも。(古すぎるw)

とかって考えもあったし、

向こうのご両親が超良い人で、普段から旅行も行っているような仲だったので、

「結婚しなきゃ。」と思ってたんですよね。

 

 

でも今考えてみると、

この状況って全然幸福度が低くて、

お金は稼いでても労働時代だったし、精神的には全然自立してなくて

本音としては、本当に自信が無かったから、

漠然とした不安がずーっとありました。

 

そんな状態だったから、

私が稼いで光熱費以外の家賃生活費を私が持ってることで

自分に価値を感じてたし(ヤバいなw)、

すっごく自己肯定感が低かったな、と思います。

 

 

今はもちろんお別れして、ビジネスをするようになったことで、

お客さんに価値を与えられるようになって自信もついたし、

誰かに依存するような気持ちも1ミリもわかなくなりました。

 

なんだろ、心が自由になってきた感覚です。

当時は、「ああしなきゃこうしなきゃ」って必死で、

彼氏に必要とされてないと不安だったので。(ヤバいなw(2回目w))

 

 

何が言いたいのかというと、

私でもこんなんでしたよ~ってことです。笑

 

元々はこんなんでも、ビジネスに本気で取り組んで、知識を入れて、

目の前のお客さんが何を求めてるのか、何で悩んでるのか考えて、

価値を感じてもらえるものを提供し続ける。

 

人間どっからでも変わることは出来るんですよね。

 

自分に自信がない人ほど、ビジネスは向いてるかもしれないです。

これは女として自信がないっていうのも入れてね。

 

あとは、ダメ男製造機をやってしまうと、

自分にとっても相手にとっても良いことなんて1つもありません。

相手も今後何かにぶち当たった時、5のダメージで済むはずのことが50になったりするし、

成長しなくなっちゃいますからね。

相手の成長の機会を奪うのは良くなかったなぁと思います。

 

実際に、彼氏が家を出ていくことになったわけですが、

引っ越しのことを何一つ知らないんですけど、

それまでに私が「お母さん」しすぎたせいで

自分では何もできない状態になってしまっていました。

 

これは深く反省しましたね。

相手のために良くない。

まあもうそんなマインドは1ミリもないので大丈夫ですが。

いいネタとしては1つ持っておきます。笑

 

という感じで、

今はバリキャリですごいですねとか、ビジネスでも結果出しててすごいですねとか、

ありがたい言葉をたくさんいただきますが、

全然すごいことなんて1つもないし、

元々はこんなんだったわけです。

 

もう一度言います、誰でも変われます。

 

今日は全然ビジネスの話しませんでしたが、

詳しいプロフィールはこちらです。

 

追伸*

あと言いたいことと言えば、

浮気はバレますよってことですかねw

無料で「Amazon出版電子書籍」と「動画セミナー」がもらえます!

私は、
大手金融機関の営業職を6年経験しました。

最初はやればやるほどお金がもらえるので
いい仕事と思っていましたが、

お給料は多くても、

  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労

これが一生続くと思うと

「できない。」

この一択でした。

 

そこで、
インターネット上に「仕組み」を作って
お金も時間も自由になるネットビジネスを始めたんです。

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、

ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

 

登録の無料プレゼントとして、
私のこれまでを物語にした「電子書籍」と、
私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」がもらえます。

 

電子書籍は、
通常1200円でkindle出版のところ、
期間限定で無料配布しているので、
ぜひこちらから受け取ってみてください。

→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!