自己啓発本読んで満足してた女が地図手にしたら、平日自由の起業家になってた

こんにちは!

ぷうかです。

 

 

ビジネス始める直前、

私は何かしなきゃとは思いつつも、具体的な動きが分からず

なぜか自己啓発に走るというあるあるルートを進んでいました。笑

 

でもそこからビジネスの知識という地図を手にした瞬間

毎日具体的にやることが決まっていて「あとはやるだけ状態」になり、

気が付いたら月100万を超えていて、会社を辞めて独立していたんです。

 

 

でも自己啓発迷子は結構根深くて、

当時、

「自分を高めたい」「成長したい」と思っても、どんな本を買えばいいのか分からず、

大量の分厚い自己啓発書を買い込んでみたり、(当時まだkindleも持ってなかったので紙の本が大量に本棚に・・・泣)

仕事から帰ってはパソコンを開いて、

メンタリストDaiGoさんのニコニコ動画と与沢翼さんのYouTube動画を観ては

謎の「やった感」を得て満足・・・したような気になっている日々を送っていました。

 

すごく恥ずかしい話、

この時の自分は「意識高い自分」「行動した気になってる自分」に

少し、いやかなり酔っていたと思います・・・

 

で、

毎晩仕事から帰っては、

何十本のDaiGoさんの動画を観ながらご飯を食べて、ニコニコにコメントして、

休日は何冊もの自己啓発本を持って、近くのスタバに行くという日々を送るうちに、

ある一つの答えに行きつきました。

 

「あれ、結局何がしたいんだっけ?」

 

気が付くのがだいぶ遅かったんですが、

私はインプットだけしてる状態だったんですよね。

インプットだけして、気持ちよくなっちゃってる状態。

たくさんの自己啓発本を読み、DaiGoさんの動画を擦り切れるほど観たところで、

「これを私はどうしたいんだろう?」

「なんでやってるんだろう?」

 

目的が、ゴールがぼやけていることにやっと気が付きました。

完全に自己啓発迷子です・・・

 

で、そこから深く自分を掘るという方向に変換して、さらにさらに掘り下げていったら、

働き方を変えるためにビジネスをするっていう方向性(ゴール)が決まって、

そのための道筋と手段が必要だって、分かったんですよね。

そこからはもう早かったです。

 

ビジネスコミュニティに勇気を出して飛び込んで、

ビジネスを0から学び、

知識を入れて、コンテンツを作って、それを仕組みに当てはめていく。

とにかくこの繰り返しをしてきました。

 

で、やってるうちに小さな結果が出始めて

「うわ・・・!本当にできるんだ、私にも!」と肌で稼ぐ感覚を感じ、

躓いたらさらに、マーケティング、コンテンツ、ライティングと、知識に投資をして、

また仕組みを大きくしたり精度を上げて。

 

目的が明確になってるかって、これほど重要なんだなって後からすごく思ったし、

目的があるから戦略が立って、

戦略が立つから戦術(手段)が必要になるんです。

私は目的も戦略も何も無くって、

要は「無目的」に、闇雲に自己啓発をしていたんですよね。

それってすごい時間のもったいないことだったと反省しております・・・

 

 

とはいいつつも、

これってひと昔前なら難しかっただろうなとも、思います。

 

もしネットがなければ、

自己啓発本を図書館に行って読み漁って、ノートを取って、

そこから「あれ、何がしたいんだっけ?」と思って

「あ、私はお金稼ぎたいんだ。」って分かるところまでは言っても、

ネットが無いので

どこかに土地を借りて店舗を始めるのか、

でもそのお金もないから、銀行にお金を借りに行くのか、バイトで副収入を得るのか、

それくらいしか方法が無かったと思います。

お金がなければ、人を雇って動いてもらうこともできないので。

 

私の会社員時代のお客様で、

今70代で、庭師をして会社を立ち上げて、息子に代替わりした会長さんがいたんだけど、

その人は16で新潟の田舎からお兄さんと2人で出てきて、

自分はとにかくビジネスをしたくて。

で、庭師の仕事をしながらも、最初はお金になかなかならなかったから

1日のサイクルが庭師→靴磨き屋で、

ほぼ起きてる時間は働き詰めで資金を作ったっていう話をしてくれた、なかなかのパワフルおじいちゃんがいました。

庭師の仕事が起動に乗ってからは、

皇居の仕事も受けたことがあるらしい。

 

とにかくがむしゃらだったけど、

自分でもよくできたと思う。って、皴だらけの顔だけどキラキラしながら喋ってくれました。

 

 

そう思うとネットビジネスは本当にハードルが低いし、

資金0で始められるから、リスクも無い。

本当にこの時代に生まれてきて良かったと思います。

ネットビジネスじゃなければ、

会社で営業の仕事をしてる間に、

メールボックスに「売上通知」とメールが届くことなんてあり得なかったので。

人を雇ってるわけでもないのに、自分の代わりに働いてくれる分身がいるっていうのは

この時代に生まれてなければかなりバーチャルで夢物語かと。

 

 

あと、ビジネスの世界に飛び込んでかなりビビったのが、

今までの自分だったら会うことすらできないような人達と

リアルでお会いさせていただく機会が増えました。

会社に雇われることなく、ネットビジネスで生計を立ててるどころか、

年収億クラス、

事業何個もやってる、

月に1回以上海外旅行。

 

本当にビッグな方ともありがたいことに

お会いさせていただくこともあります。

 

でも、

ただ「すごいんです」って言うことが言いたいのではなくって。

 

結論から言うと、

成功してる人って、1ミリも天狗ってないんですよ。

むしろ人柄も素晴らしくって、

普段からギブ精神に溢れてて。

気取らないし、話やすい雰囲気を作ってくれてるのが分かるんです。

「なんでこんなに良い人なん!?」

って衝撃するレベルです。

 

それでいて、時には厳しい事も言ってくれたり

本当のことをちゃんと言ってくれて。

テキトーなこと言わないんですよね。

 

それまで会社員だった時の私の「THE お金持ち」にイメージは、

ギラギラしてて、シャンパン持って「ウェーイw」って言ってて、

なんか怖いオーラ出てるか、もしくはオラオラしてるか。

 

でも一瞬で、

私のこれまでの「成功者」のイメージを完全に破壊したわけです。

 

なんだか自分がすごく恥ずかしくなりました。

稼いでる金額の差じゃなくって、「人間として」の差を感じました。

 

それまでの私は、会社っていう小さな庭の中で、

それこそウェイウェイしてたわけではなくても、天狗になってて、

今考えると、「なんて小さな世界で・・・」って思うし、

もう抹消したいレベルでクソやん。ってマインドで。

本当に引っ叩きに行きたくなるレベルです。笑

 

本当の意味で成功してる人は、人として魅力的です。

これ、間違いないです。

 

結果が出せてる人は、魅力的な発信をしてますけど、

魅力的な発信をするためには、

魅力的な人間にならないといけないんですよね。

 

圧倒的な価値提供マインドだし、影でめちゃくちゃ努力してるし、

人の良いところを見つけるのも得意だし、周りの人をすごく大事にしてる。

それでいて、

しっかりした軸があるから流されないし、すごくはっきりしてます。

「なんとなく」やってる人は一人としていません。

 

人として尊敬できる人ばっかりでした。

素直に心から、「ああ。こーゆー人になりたいな。」って思ったんですよね。

 

だから私はもっともっと上を目指していきたいし、

自分がまだ想像もできないくらいの人生を送ってみたいって思ってます。

 

もちろんビジネスは戦略をちゃんと組んで、

見えている状態でコミットするんだけど、

その連続の先には、私がまだ知らない私がいると思うんです。

今は想像できなくても、どんどん目標を上へ上へ上げていきたいですね。

 

もちろん、ゆっくりする時は

のんびり映画を観に行ったり、平日に思いつきで旅行してみたり、

ただリラックスするために海を観に行ったり、

そういうこともしますけど。

 

この、やれば結果出るっていうシンプルな世界が

私はすごく気に入ってるので、

一緒に頑張れる仲間がたくさんできたら嬉しいです。

無料で「動画セミナー」と「電子書籍」がもらえます!

私は大手金融機関の営業職をやって6年になりました。
最初はやればやるほどお金がもらえるのでいい仕事と思っていましたが、
  お給料は多くても、
  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労
 
これが一生続くと思うと
「できない。」
この一択でした。
 
そこで、
インターネットの「仕組み」を作ってお金も時間も自由になるネットビジネスを始めました。


メルマガでは,
  • ネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド
など、ブログでは書いてない情報をたくさんお届けしています。

 
登録の無料プレゼントとして、
私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」と、私のこれまでを物語にした「電子書籍」がもらえます。

期間限定で配布しているので、ぜひこちらから受け取ってみてください。
→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!


Twitter↓