【マーケ】広告から見える男女の違いと深層的欲求への訴求

こんにちは!ぷうかです。

最近の私のYouTubeで流れてくる広告が、
完全に男向け広告ばかりで

「これ絶対YouTubeに男って判断されてるわw」

って突っ込み入れながら
自宅でのんびり過ごしています。

きっと私が観ている動画や登録しているチャンネルが
ビジネス系が多いからですかね。

(広告の勉強にもなるからプレミアムにしてません)

 

今日、講談(物語を読む朗読劇みたいなの)の動画を観ていたら、
動画の合間に
こんな漫画のストーリー広告が流れてきました。

ー - - - -

あるところに
ちょいぽっちゃりめな20代半ばの男性がいました。

男性の名前はつよしと言います。

つよしは最近、
二重顎が気になってきたところです。

会社帰りにと同僚とあるバーで飲んでいたところ、
可愛らしい女性の店員さんを見つけました。

「可愛い・・・!ああいう子、いいよなぁ。」

その女性は、茶髪でつやのあるセミロングで
笑うとえくぼのできる、
小動物のように華奢な、守りたくなるようなとても可愛い女性でした。

名前はゆいと言います。

つよしはゆいに会うために
一人のときでも頻繁にそのバーに立ち寄るようになり、
ゆいともよく喋る仲になりました。

いつも楽しそうに話を聞いてくれるゆいに
つよしはどんどん惹かれていきます。

「ゆいとプライベートでも仲良くなりたい・・・!」

そう思って、
とうとうゆいにアタックしてみることにしたんです。

つよし「最近できた、駅前にあるおしゃれなイタリアン知ってる?」

ゆい 「知ってる~!私もあそこ気になってた。」

つよし「美味しそうだよね。」

ゆい 「ね、美味しそうだよね~」

ゆいは、今日もニコニコ話を聞いてくれています。

 

(これはいけそう・・・!)

つよし「こ、今度一緒に行こうよ。」

つよしは結構勇気を出して、食事に誘ってみました。

ゆい 「え、アフター的な?」

つよし「いや、
プライベートでもゆいちゃんと仲良くなりたいなって・・・」

すると、ゆいはちょっと困った様子で、

「私細マッチョな男性がタイプなんだよね。

つよし君はその・・・

ちょっとぽっちゃりしてるじゃない?」

 

ガーン!!!!

つよしはショック過ぎてその場で固まってしまいます。

その後うまい言葉が出て来なくて、
とぼとぼとそのまま帰宅しました・・・

「やっぱ俺って、
この体型じゃ好きな子に振り向いてもらえないのか?」

「もうあの店行けねぇや・・・」

「一生孤独で生きてくのか?」

「将来、デブで臭いおっさんになって
 一人で老後過ごすのかな。」

「おれの人生終わった・・・」

 

後日、その日の出来事を友人に相談すると、

「つよし、○○っていうサプリ知らないの?」

と言われました。

つよし「え、なにそれ!」

友人 「これ、食事と一緒に飲むだけで、
    代謝が上がってするする痩せてくんだぜー!
    別に食事とか我慢してなかったんだけどさ。
    すごいよな?

    俺これでダイエット成功したんだ。」

    「だからほら、こないだも言ったけど、
     最近どの合コンに顔出しても
     俺、一発でお持ち帰り出来ちゃってるじゃん?」

    「このサプリのおかげなんだよな。
     お前もためしに飲んでみれば?」

 

・・・この後のストーリーの流れは、
もうお察しがつくと思いますw

で、そのサプリはどうでもいいんですが、
女性の私がこのストーリーを読んで、

「ああ、男女で恋愛におけるベネフィットって、こんなに違うんだな~」

って感じたわけです。

ベネフィットっていうのは、このあと詳しく解説しますが、
簡単に言うと、

メリットのその先の未来。
メリットのメリットのメリット。

というイメージです。

深層的欲求を訴求することの重要性

ここでベネフィットについて解説をしたいんですが、
その前にあなたに1つ質問です。

 

きっとお気づきの方も多いと思いますが、

この広告で、お客さんに見せているゴールが
「痩せること」ではないことに気づきましたか?

 

広告やメルマガにおいて、
今からめちゃくちゃ重要なことを話すので
ぜひメモしてもらいたいんですが、

例えば今の広告で言えば、
「痩せること」をゴールにして文章を書いてしまう、
そんなアフィリエイターやネットビジネスマンが圧倒的に多いです。

しかしそれでは非常にもったいなくてですね。

 

ここで少し、欲求の話をしますね。

欲求っていうのは、

「こうなりたい」
「こういう未来が欲しい」

という願望のことです。

 

そしてこの欲求こそ、
我々、文章で人を動かす仕事をする人間
読者さんに示すべきベネフィットなんです。

 

抽象的な話になってきたので、
さきほどの広告で出たストーリーを例に
具体的に解説しますね。

 

このつよし君は、
ゆいに食事を断られて
なんとかして痩せたいとおもってはいますが、
痩せることはあくまで「手段」なわけです。

では、なんの手段でしょう?

それは、
射止めたい女性(=ゆい)に振り向いてもらうことです。

「好きな女性に振り向いてもらいたい」

ってことですね。

さらに言えば、

「好きな女性と幸せになりたい」

ということです。

 

痩せることは、あくまで
「ゆいに振り向いてもらうための手段」であり、
「好きな女性と幸せになるための手段」です。

 

他にも、
男性の恋愛においての深層的欲求としては、
「モテたい」とかがありますよね。

 

なので、

「〇キロ痩せて細マッチョになれます!」
「痩せておしゃれなブランドの服が入るようになります!」

という訴求の仕方だと、ちょっと弱いわけです。

その更に先にある、
深層的欲求をつくとなると、

「〇キロ痩せて細マッチョになれます。
 そうしたら参加した合コンでは複数の女性からアタックされ、
 あなたの好みの女性を選ぶ立場になることができるでしょう。

 毎日違う女の子からの連絡で、
 LINEに通知が止まらなくなるかもしれません。

 もしくは、気になる女性がいたら、
 ちょっと声をかければ、
 すぐに気に入られてデートに進むことができるでしょう。

 あっという間にかわいい女の子と付き合うことができて、
 しかもその子はあなたの魅力から離れられなくなってしまうはず。

 そしたらその彼女とディズニーランドに行って思い出を作るもよし、
 同じ部屋を借りて生活すれば、
 あなたが仕事から帰ったら、
 彼女があったかいシチューを作って家であなたの帰りを待っててくれます。

 毎日かわいい彼女が笑顔で

 「おかえりなさい。」

 と、出迎えてくれるでしょう。」

みたいな。

(即興なんで、
メール書くとかになったらもっとちゃんとストーリーとかで書きますが)

 

こんな感じで、人の欲求には段階があります

 

表面的な欲求と、深層的な欲求です。

 

表面的欲求は、

痩せたい、メルマガ読者を増やしたい、昇進したい、立教大に受かりたい。

などなど。

表や言葉に出やすい欲求ですよね。

「あ~~~~痩せたい。」

私もよく言います。笑

それに対する深層的欲求

・痩せたい→もてたい、愛されたい
・売上を上げたい、自動化したい→金銭的余裕をもちたい
自由になりたい、快適に暮らしたい、幸せになりたい
・昇進したい→給料を上げたい→大事な人をまもりたい
・立教大に受かりたい→社会的に認められたい、モテたい

です。

 

ベネフィットを書くとき、
このようなより深い欲求まで訴求しているかどうかで
読者さんの想像をどこまで掘りさげてあげられるかが変わってきます

より深い欲求まで想像させてあげることで、
より強烈な

「その未来、欲しい・・・!」

につながるのです。

こっからが本題。男女の違い

で、
ここからがぶっちゃけ私の大好物な話題なんですけど。←

 

この深層的欲求は、
LF8とかってよく言われますが、

(これは絶対に覚えておいた方がいいです。人間の遺伝子レベルで組み込まれている欲求のことですね。)

 

私はここにさらに、
男女の差があると思っています。(男性脳女性脳の違いとか大好きな分野です)

なので、ターゲットが男性か女性かによって、
ベネフィットを分ける必要があり、

さらに言うと、男女で

「めっちゃいい!」
「この未来欲しい!」

と感じるベネフィット(欲望、願望)が異なることを
理解しておくべきだと考えます。

 

ここで1つ女性向けで個人的にも

「いい!」

って思った広告をご紹介しますね。

 

 

これ、めっちゃよくないですか?w

「私も愛されたいいいいいいい(悶)」

ってなりますよね~。

 

女性ってやっぱり、
1人の男性に大事にされたい、
お姫様扱いされたい生き物なんですよ!!!(鼻息)

 

だから、
嫉妬されたいって心の中では思ってるし
こういう独占されるっていうシチュエーションが大好物なんです。

(あなたが男性ならよく覚えておいてくださいw)

なので、
女性向けの恋愛漫画とか、恋愛映画とかラブコメを見ると
よくそういったシーンやセリフが出てくると思います。

鉄板だと、
花より男子の道明寺のセリフとかが最高ですね。

道明寺「牧野。俺はやっぱりお前が好きだ。
お前以外の女は考えらんねー。」

2007 「花より男子2リターンズ」 TBS系

 

はい優勝-----!!w

めっちゃいいですよね・・・!(悶)

普通に羨ましいw

このセリフは
ほぼ日本の女性の全員のハートを射止めめたはずです。

 

でも男性ってどっちかっていうと、

「射止めたい」
「振り向いてもらい」
「大勢からモテたい」

っていうような欲求が多いと思います。

週刊少年ジャンプのとらぶるとか読むと、(↓これです)

「あ~、男の子の欲求やね、これw」

ってなりますもん。

(男性向けのラブコメは
ハーレム状態にしても
1対5とか1対10くらいにモテモテ状態が多い気がする・・・

女性向けのラブコメはハーレムでも
1対2が圧倒的に多い。
花男しかり、ひるなかの流星しかり、ヒロイン失格しかり。)

 

なので、

あなたのターゲットの欲求はどんな未来か?

っていうのを知ってないと、
いくらコピーライティングや小手先のテクニックを持っていても
そもそも欲求に刺さっていなければ
響かない文章を届けることになってしまうんですよね。

そう考えると
ターゲットのベネフィットをリサーチするのは必須項目だということも
分かってくるかなって思います。

 

 

ということで、
欲求の段階の話と、男女の欲求の違いを話しました。

 

マーケティングにおいて欲求を攻略してるかは非常に重要なので、
メルマガや企画の中ではさらに詳しくお伝えしています。

無料で「Amazon出版電子書籍」と「動画セミナー」がもらえます!

私は、
大手金融機関の営業職を6年経験しました。

最初はやればやるほどお金がもらえるので
いい仕事と思っていましたが、

お給料は多くても、

  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労

これが一生続くと思うと

「できない。」

この一択でした。

 

そこで、
インターネット上に「仕組み」を作って
お金も時間も自由になるネットビジネスを始めたんです。

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、

ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

 

登録の無料プレゼントとして、
私のこれまでを物語にした「電子書籍」と、
私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」がもらえます。

 

電子書籍は、
通常1200円でkindle出版のところ、
期間限定で無料配布しているので、
ぜひこちらから受け取ってみてください。

→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!