戦わない奴らが、戦ってる奴らを笑うなよ。

こんにちは!
ぷうかです。

 

戦わない奴らが、
戦ってる奴らを笑うなよ。

 

これ、
私が大好きな少年漫画のセリフです。

(あひるの空っていう
バスケ漫画の3巻です。
知ってたらぜひ語りましょう。)

 

ある高校の
超弱小のバスケ部の話なんですが、
3人が経験者、他は初心者で
6人のチームからスタートするんです。

3巻では
その弱小チームが
インターハイに出るレベルのチームに
練習試合を挑む話。

で、
後半めちゃ点数が開いちゃって、
残り5分。

もう負けでしょ。
って誰もが思うシーンなんですが、

ギャラリーがめっちゃ笑ってるんですよ。

 

「もういい加減諦めろよ!」
「どーせあと5分しかねーだろーが!」
「やめちまえ!」

げらげら笑ってて、
挙句の果てには
コートの中にジュースの缶を投げて
主人公の空君が踏んづけて転んじゃいます。

チームのみんなは
もうヘロヘロで息も切れてて、
汗もコートに滴ってて。

脚も棒になってて。
腕もつってるからワンハンドで打てない。

見るからにしんどそう。

 

そんな中、
ギャラリーのヤンキーが
嘲笑ってて、
読んでてマジでキレそうになるところなんですが、

千秋君っていう先輩が登場して、
そのギャラリーに
長机をぶん投げてやっつけます。

その時に言ったセリフです。

「戦わない奴らが、
戦ってる奴らを笑うなよ!!」

引用元:あひるの空 3巻より

 

これを最近読んだ時に、
情報発信と似てるな。
って思ったんです。

発信してたり、
ビジネスしてると
何かしら言われることもあります。

でも、
たいていそれって
「なんにも行動してない人達」です。

私が好きなYouTuberで、
マナブログのマナブさんって方も
おっしゃってたんですが、

「何も言われたくなければ、
ボランティアに徹すればいい。

なにかしらビジネスすると、
言われることは
多少出てくることもある。

だから、
批判されないための解決策は、
ボランティアで発信すること。

でも、
それだとジリ貧になるので、
僕はビジネスする人を応援します。」

とのこと。

 

あと、セカオワこと、SEKAI NO OWARIさんの曲の歌詞に、

いつだって物語の主人公は笑われる方だ

引用元:SEKAI NO OWARI 「サザンカ」

っていうのもありますけど、
これも勇気をもらえる歌詞ですよね。

「このまままっずぐ進もう!」
と、背中を押してくれるので
ちょっと気持ちが落ちた時は聴きます。

 

ネットができて、
コンテンツに対して
だれもがコメントできる時代になりました。

それによって
もちろん応援してくれる声も
適切な意見やアドバイスくれる声も
届きやすくなったけど、

同時に
「行動してないけど外野から文句を言う人」
の声も届くのも事実です。

でも、
その声ばかりに目が行ってしまって、
大事なファンに届けられる価値が
減ったりなくなるのは悲しい。

私はそう思ってます。

 

もしあなたが情報発信するうえで、

「何か言われるんじゃないか」
「批判されるんじゃないか」
「叩かれるんじゃないか」

って気持ちがあったら、
このブログを思い出してください。

それを言ってきてるのは?

だいたい行動してない人達です。

だから、
気にすることなく、
あなたの発信を待ってるファンに向けて
メッセージを届けてくださいね。

ちょっと今日は
結構本音を書いてしまいました。笑

 

あひるの空、
私のバイブルなんで、

また心に残ったセリフは
また紹介しますね。

 

 

追伸*

コンテンツの消化が趣味なんですが、(自己紹介はこちら)

消化ばかりに集中しちゃうと
気を抜くとアウトプットが少なくなりそうなんで
気をつけます。笑

おすすめの漫画あれば
教えてください!

 

無料で「Amazon出版電子書籍」と「動画セミナー」がもらえます!

私は大手金融機関の営業職を6年経験しました。

 

最初はやればやるほどお金がもらえるので

いい仕事と思っていましたが、 

お給料は多くても、 

  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労

これが一生続くと思うと 

「できない。」 

この一択でした。

 

 そこで、 

インターネットの「仕組み」を作って

お金も時間も自由になるネットビジネスを始めました。 

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、 

ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。 

 

登録の無料プレゼントとして、 

私のこれまでを物語にした「電子書籍」と、 

私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」がもらえます。 

 

電子書籍は、通常1200円でkindle出版のところ、 

期間限定で無料配布しているので、 

ぜひこちらから受け取ってみてください。

→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!