幸せになるのがあんなに怖かったのに。好きな人だけに囲まれる生活になってどうなったか。

楽しい時間があると、「この後何か起きるんじゃないか」って思うとか、

自分が辛い時の方が、しんどく頑張ってる時の方が、上手くいってることが多かったから、ぶっちゃけ辛い時の方が安心するとか。

本気でそう思ってた私が、起業して大好きな人達に囲まれて、

「幸せになってもいいんだ」って思えるようになったお話です。

「この時が、一生続けばいい。」

とある3日間のことです。

 

その日は金曜日で、私が仕事がちょっとうまくいかず、ちょっとしんどかった時、

先輩の起業家さんが声をかけてくださって、焼き肉に行って美味しいお肉を頬張りながら、色々とお話を聞かせていただきました。

ビジネスで食べていけるようになって、ある程度やって来たかなって思ってたところが多少なりともあったけど、

まだまだ未知がありまくりの、やることだらけ、伸びしろだらけって分かって、

「ちんたらしてる場合じゃないやんけ。くそーーーーー!!」って、すごい悔しくなったと同時に、

これからにめちゃくちゃワクワクして、「早く仕事したい!!」って気持ちになったんですよね。

 

しかも、その先輩めちゃくちゃ面白い人で。

超笑わせてくれるし、とにかく経験豊富(それでいて私より若いから本当に刺激いただきます)で、

2軒目のお店では、ビジネス始める前の話とか、プライベートのこととか、お互いの価値観の話とか、これからやりたいこととか、

いっぱい話していっぱい笑って。

 

で、そろそろいい時間かな~って思って(23時くらいかなと思って)時計見たら、

深夜1:30w

爆笑www

「時間を忘れて話す」って、どっかの比喩表現かと思ってたんですけど、

リアルに起こって素で自分に驚きましたw

 

で、その次の日は、大阪に移動して、アカデミー主宰の起業家の先輩と同じアカデミーの仲間と一緒に脱出ゲームに参加しました。

終わった後にご飯に行ったら、また深夜までお話してしまいました。

ほっこりした気持ちのままホテルでぐっすり。

 

翌日はセミナーに参加して、がっつり勉強した後、

懇親会でたくさん喋って、個人的に最高だったのが、二次会。

主宰の起業家のご夫婦と、登壇者のお友達と、ポップコーンとお酒でこれまた2時間いろんなお話して。

これまでのビジネスでの大変だったこととか、それぞれの強みとか、最近会った面白い人たちの話とか、恋愛のこととか、これからのこととか、

・・・すっごい楽しかった!!!

 

私は次の日予定があったので、

終電の新幹線で帰る予定だったので、解散になり、駅に行ったんですけど・・・

まさかの終電逃すw

またかーーーーいwww

どんだけ楽しいのよwww

翌日の始発で帰りましたw

 

もう本当に本当に楽しくて、幸せな3日間でした。

会社員じゃなくなってから、明日のこととかあんまり気にしなくなって、さらにフットワーク軽く動けるようになったのも嬉しいことですが、

何が一番楽しいって、大好きな人たちと一緒に過ごせるようになったことです。

「最近、大好きな人としか一緒にいないじゃん、私。」って、気が付いたんですよね。

一緒にいて、こんなに気持ちよくて、めちゃめちゃ気持ちが上がってる新しい自分に出会えて、

「こんなに楽しくて大丈夫かな?」って、不安になるくらい、

「もらい過ぎじゃないかな?」って心配になるくらいなんです。

 

「この時間が一生続けばいいのになぁ。」

って、どっかの小説のセリフみたいなことを、心から思ってしまう日が来るなんて、想像もしていませんでした。

でも、少し前までは「幸せ=怖い」だった私。

ビジネスを通して、本当に素敵な仲間や先輩に出会う連続で、

「誰と一緒に過ごすかも選べる」ことを知り、

こうして幸せを噛み締めている私ですが、

「こんなに幸せで大丈夫かな」「なんかしんどくないけど、我慢とかしてないけど、大丈夫かな」って不安になるのは、

ビジネスするまで、幸せを受け取るのが本当に下手だったんです。

自分が我慢してる方が、みんなが幸せとか笑顔でいられるとか、物事がうまくいくからっていうのが、

自分の根底にはずーっとあって。

 

会社員で営業をしてた時、4年目の春に、

支店の目標数値への達成率が前年度53%の支店に異動になりました。(前にいた支店では100%でした。)

なんとかして立て直ししないといけない、って立場でその支店に入らせていただくことになったんです。

これは営業あるあるだと思うんですけど、

シンプルに数字が悪いと、上の役職が叱りに来るっていうのがありますよね。

 

私がいた会社は全国規模だったので、首都圏の支店だけでかなりの数があったのですが、

毎日17時になると、年度累計、月間、日報の営業成績が順位表になって上がってくるんです。

その順位が悪いと、上の人が直接支店に来て部長や社員を叱ったり、激励という名のお叱り電話が来るっていうのがあって。

人間なんで怒られると委縮するし、怒られるの嫌に決まってるから、

順位が悪かったり、支店で数字が上がらないと、部長の胃が痛くなったり、後輩がエリアマネージャーに叱られて暗くなってたり、

連帯責任で怒鳴られたり・・・

私は営業の仕事自体は好きだったのですが、こういうのが本当に苦手でして。

でも前年度53%。

普通にいったら、首都圏でその年もビリになるのが、目に見えて分かっていました。

 

でも、当時の私は、ありがたいことに既に師匠に営業ノウハウを叩き込んでいただいてたので、

動けば取れるって状態だったので、

春からスタートダッシュして、とにかく数字を作りました。

土日買い上げて休日出勤して、大きな数字が上がるような動き方するとGWもお盆も出るようになって、

事務所に帰ってくると、誰もいなくて。

優しい部長がコーヒーをデスクに置いておいてくださったことがよくありました。

 

でもそうやってると、数字が上がってきて、支店もそこそこ順調になってきて、

「堂々と会議に行ける」って部長も喜んでくれて、「ありがとう」って言ってくださって、

みんなも怒られなくてよくなりました。

それが嬉しくて。

 

ちょっとくらい体調が悪くても、自分が頑張れば、我慢して出勤して数字作れば作るほど、

会社がうまく回っていきました。

「自分がなんとか頑張れば。我慢すれば。みんな笑顔。」

こういう方程式が私の中にずっしり根付いてたなって思います。

 

でも、そう言い聞かせながらも、

多分ずーっとどこかで、

「私っていつまでがんばり続けるんだろ・・・?」

「いつまで人の分も仕事し続けるんだろ・・・?」

って、思ってました。

でも、最後までそれは誰にも言えなくて。

新人時代から一緒に頑張ってきた同志にも、お世話になった師匠にも、

最後まで言えなかった。

だって、みんなも頑張ってるから。言えなかったです。

 

他にも、

過去の恋愛で、自分の気持ちとか想いとか言わない方がうまくいくっていうのがあったりとか、

身体も心も酷使して働きまくる→お給料入ってくる→貧乏脱出っていうのとか、

そういう成功体験を積んできちゃったから、

「我慢=良くなる」

「幸せ=良くなくなる」

っていうのを、心の底から信じてたなって、今では思います。

 

だから、

尊敬できて、価値観がフィットしてて、話してて楽しくて夢中になって、

もっと話したいな仲良くなりたいなって人といると、

「幸せだなぁ」って思うと同時に「怖いな」って思うのも、まだ0じゃないけど。

でも、ビジネスを通して、そういう仲間との時間が増えてきて、

「あ、幸せでいいんだ、自分。」って、思えるようになったんです。

そこそこの幸せじゃなくて、めっちゃ幸せになっていいんだって思えたし、

大好きな人だけと一緒にいていいんだって思えるようになりました。

70%の幸せじゃなくて、100%でいいんですよね。

 

お客様から、最近の報告とか感謝のメール、動画メッセージ、直筆の手紙をもらって嬉しすぎて涙が出たり、

大好きな仲間や尊敬する先輩と一緒に過ごして時間を忘れて喋ったり、旅行に行ったり、

愛おしくて大事で。

こんな気持ちにさせてくれる仲間に、お世話になった人に、大好きな人に、本当に感謝しています。

私が発信する理由は、もうほんとこれ。

私がこうやってブログとか、SNSで発信してる理由って、シンプルにこれだけなんですけど、

「自分で選ぶ」をできる人を増やしたい、

そのために「個人で稼ぐスキルを身に付ける」人を増やしたい、

そして単純に、

めっちゃ楽しいから仲間増やしたいんです。

 

なんか一気に怪しくなりましたけど、(笑)

単純に、ビジネスの話も恋愛の話も、家族のことも学生時代のことも話せて、

同じ時間を過ごして、新しい経験一緒にして、時には一緒に仕事して。

尊敬できたり、お互いまた成長できたりするのって、

本当に楽しくて仕方ないんですよね。

だから、

もっと一緒に、こういうことができる人が増えたらいいなって思ったり、

こういう世界を知ってほしいなっていうのが、発信する動機です。

 

会社員しながらビジネスをスタートして、

変わったことって他にもたくさんありすぎてここに書ききれないので、

こっちで詳しくどうなったか書いてます。読んでもらえたら嬉しいです。

1年で月収100万超えて退職したので、理念とこれまでのストーリー語ってみた。

無料で「Amazon出版電子書籍」と「動画セミナー」がもらえます!

私は大手金融機関の営業職を6年経験しました。

 

最初はやればやるほどお金がもらえるので

いい仕事と思っていましたが、 

お給料は多くても、 

  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労

これが一生続くと思うと 

「できない。」 

この一択でした。

 

 そこで、 

インターネットの「仕組み」を作って

お金も時間も自由になるネットビジネスを始めました。 

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、 

ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。 

 

登録の無料プレゼントとして、 

私のこれまでを物語にした「電子書籍」と、 

私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」がもらえます。 

 

電子書籍は、通常1200円でkindle出版のところ、 

期間限定で無料配布しているので、 

ぜひこちらから受け取ってみてください。

→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!