「嫌われる勇気」の感想と解説

 

こんにちは!

ぷうかです。

 

今日は「嫌われる勇気」という書籍の

レビュー(感想文)を書きましたので

ご紹介です!

 

だいぶ前に読んだのですが、ちゃんと記事にしておきます。

 

 

嫌われる勇気

どんな本?

 

「アドラー心理学」で有名な、

アルフレッド・アドラーの思想を書いた本です。

 

哲学者と青年の会話形式で書かれているので、

心理学の本といっても、本を普段あまり読まない人でも

非常に読みやすいかと。

それも大ヒット(2018年時点で175万部発行)している理由の一つでしょうね!

(登場する青年が結構ひねくれていると感じたのは私だけ?w)

 

一言で内容を言うと、

「幸せになるにはどうしたらいいか」が分かる本。

 

心理学といっても、

「相手を操る」とか「男をメロメロにさせる」とかの

「行動心理学」というのではなく、

「自己啓発系」ですね!

 

 

今の自分を選んだのは自分

 

アドラー心理学では、

国籍や家族環境、経験などによって影響はあるけれども、

今の自分の価値観や考え方、世界観など(この本ではライフスタイルと書かれてます)を

選んだのは自分であると考えます。

 

「生まれつきネガティブなんです。」

みたいな発言は通用しません。笑

 

「自分はいじめられた経験があるからネガティブだ」

と考えている人は、

「ネガティブでいる自分を選んでいる」

ということです。

 

逆に言えば、

価値観や考え方、生き方は再び自分で

「選び直す」のも可能ということ。

 

それまでの人生がネガティブだろうが何だろうが、

今日ここから「変わろう」と思えばいつでも変えられるんです。

 

 

変われない=変わらない

 

「自分は変われない」

「自分の人生なんてこんなもんだ」

と、

自分は変われないと思い込んでるのは

「変われない」と思うことを選んでいるのも

また自分だということ。

 

「変われない」んじゃなくて、

「変わらない自分」を選んでるんですよね、実は。

 

自らに対して、

「変わらない」という決心を下しているんです。

 

図星で多少嫌な気分になる人もいるだろうけど、

それは自分が

「本当は変わりたい」と思ってる本音が底の底に眠ってるサイン。

 

ならば、「変わる勇気」をもって行動するだけ。

 

アドラー的に言うと、

変われないのであれば、変わらない自分を選んでいるだけ。

自分で自分を幸せにする道を選べないだけだということです。

 

 

変わる選択

 

私は今のビジネスをはじめる時、

今の状態で今の仕事を続けた先の未来が、

 

・段々体力無くなってヘロヘロな毎日

・帰宅しても疲れて何もできない

・お金はあるけど時間はないから趣味もない

・永遠と営業をするという変わることのない毎日の積み重ね

・気が付いたらおばさんでもっと身動き取れない

・でもずっと働かないとお金が入ってこない恐怖を抱える毎日

 

みたいなのしか想像できなくて怖かったです。

 

画で言うと、

「千と千尋の神隠し」の「坊がいなくなった時の湯婆婆」!

もう恐怖しかない。笑

 

でも想像した未来にそのまま進んでいくことはしたくなかったから、

勇気を出して選んだんです。

 

「変わること」を。

 

本を読んだ後のタイプは二種類に分かれると思うのですが、

インプットしただけで満足する人と、

インプットしたらアウトレット(行動、実践)する人です。

 

例えばこの本を読んで、

「ああ、変われないのは変わらない自分を選んでいるからだ。

ならば自分の人生は今ここで決められる。」と思い、

いつもの日常から抜け出す行動が取れる人と、

 

同じことを本から学んでも、

「頭の中では理解しましたよ。」みたいな

自己啓発法コレクターみたいになる人。

 

後者は脳内の世界は変わったかもしれませんが、

実行してないので現実世界は何一つとして変わってません。

 

 

でも案外「変わること」を選ぶって言っても、

最初の一歩踏み出しちゃえば大したことない!

 

だってもう「始めちゃった」んですから。

 

あとはやるだけです^^

 

そして

「変わることを選んだ」自分を、もっと好きになれました。

 

自分でビジネスをするって、

その世界に入る前は

「才能あるからできるんだよ」とか

「私は凡人だからできない」とか

遠い世界のように思えたけど、

 

きちんとした情報を入れて、

ちゃんとビジネスマインドや知識を学んで、飛び込んでみたら

 

遠い世界なんかじゃない。

すごく近くにあったのに見てなかっただけでした。

 

未来も自分も変えられるのは自分しかいないんだなって

強く実感しました。

 

まだ読んでない人はおすすめです。

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え [ 岸見一郎 ]

価格:1,620円
(2018/12/9 20:52時点)
感想(473件)

(定価です。)

【中古】 嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え /岸見一郎,古賀史健【著】 【中古】afb

価格:1,042円
(2018/12/9 20:53時点)
感想(7件)

(ブックオフ楽天市場でお得に買えます。)

無料で「Amazon出版電子書籍」と「動画セミナー」がもらえます!

私は、
大手金融機関の営業職を6年経験しました。

最初はやればやるほどお金がもらえるので
いい仕事と思っていましたが、

お給料は多くても、

  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労

これが一生続くと思うと

「できない。」

この一択でした。

 

そこで、
インターネット上に「仕組み」を作って
お金も時間も自由になるネットビジネスを始めたんです。

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、

ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

 

登録の無料プレゼントとして、
私のこれまでを物語にした「電子書籍」と、
私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」がもらえます。

 

電子書籍は、
通常1200円でkindle出版のところ、
期間限定で無料配布しているので、
ぜひこちらから受け取ってみてください。

→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!