10分で計測!ヒューマンセンサーとやらで利き脳診断してきた。【レビュー】

こんにちは!ぷうかです。

先日、虎ノ門で利き脳診断を受けてきたので、
その様子をレポートさせていただきます。

利き脳ってなに?

先日、
私の主宰しているコミュニティ生のモチさんから、

「利き脳診断行きませんか~^^?」

と、
声をかけていただきました。

 

利き脳!?なんだそれ…」

と、初めて聞いた言葉に
興味を持った私は、
すぐさまGoogle先生に質問をしました。

すると、
利き手、利き目のように、脳にも右脳と左脳、どちらが得意分野なのかはひとそれぞれだということ。

 

そして、
利き脳タイプがわかると、

自分が思い切り楽しめる仕事
向いている役割がわかったり、

自分との上手な関わり方や、
心地よい人間関係の構築法なども分かると書いてありました。

「なるほど…!自己分析ってことか!」

 

最近の私は、
人生初の占いに行ってみたり、
新しい自分の一面を客観的に教えてもらうことにハマっていたのもあり、

「行きます~!」

と、即お返事をさせていただきました。

レッツ診断

会場について、
利き脳の説明を一通り受けました。

「これからなにか用紙かなにかに
レ点のチェックつけていくんだろうな~

あ、鉛筆忘れた。」

 

そんなことを思っている
私の目の前に登場したのは、
こんな機械でした。

「え!?

こんなメカみたいの使うの!?」

 

なんと今回参加したヒューマンセンサーとやらでは、
心理テストなどの筆記テストは行われず、

手の指に電極を張り付けて
皮膚下の電位変化を計測する方法でした。

↓こんな感じ。

「(嘘発見器みたいw)」

 

この電極を左右の人差し指・中指のつけて
10分ほど目を閉じ、
アナウンスを聞きます。

その間に
2万個ほどのデータを読み取り、

本人の「こうありたい」という意識には影響されない、
客観的なデータで能力を検知するそうです。

 

 

6人掛けのテーブルに着席すると、
さっそく始まります。

 

アナウンス「左の耳に全神経を集中させてください。」

ぷ「・・・・」

アナウンス「次は、右の額に全神経を集中させてください。」

ぷ「(・・・今日コミュニティに投稿するコンテンツ、いくつあったっけ?)」

アナウンス「次は右の耳に・・・」

ぷ「(あ、鬼滅の刃1~21巻までダンボールで買ったけど、22巻は別で買わなきゃ)」

アナウンス「次は・・・」

ぷ「(あ、いけないいけない、集中しなきゃ)」

 

・・・と、
こんな感じであっという間に測定終了。

15分で診断結果が出た

15分くらい待つと、
直ぐに結果をもらうことができました。

 

私は全部で13あるタイプの中の、
「CB-a」というタイプでした。

ざっくり言うと、

・両脳利きだけど、ちょっと右脳利き
・個性的
・人前で魅力を発揮できるタイプ
・経理や会計、集計など、細かい作業は好きじゃない
・「~しなさい」って言われても無理

というタイプでした。

 

私は営業時代から、
300人くらいの前に立って
講義やセミナーする機会が
けっこうあったし、

ビジネスを始めてからも
品川で30人の前でセミナーをしたりしていました。

そんなときはいつも、

「ぷうかさんって緊張とかしないんですか?」

って聞かれていたんです。

 

「そういえば、全然緊張しないですね。

むしろ超楽しいですw」

って答えていました。

 

今回、
人の前に立つことで魅力を発揮するタイプという診断結果が出て、

「なるほどな~。元からだったのか!」

と、納得がいきました。

 

なので、
今後もYouTubeやセミナーは
力を入れていこうと思います。

もちろん疑問点もあった

もちろん、

「ん?これ違う気がする」

という点もありました。

 

特に私は、
認知行動療法や脳科学を勉強してきたので、

自分の感情記録も1年以上しているし、

自分の思考の癖
「自分がワクワクするときはどんなときか」を
割としっかりとつかめています。

 

なので、

「日々自分がキャッチしている『自分の好き』と、診断結果が違う」

という点も、
かなり明確に気が付くことができました。

 

ここからは完全に私の持論です。

 

そもそも、
2万個のデータからタイプを診断する正確性があったとしても、
全ての人間をきっちり13に分けるなんて
できるはずがありません。

血液型の性格診断なんてまさにそうです。

人はみんな細かく違います。

全く同じ人間って
この世に存在しないですよね?

なので、
ちょっと「ん?違くない?」って
思う部分があっても当たり前だと思うんです。

 

私は、
結局のところ正解は
「自分の感情」だと思っています。

感情こそが、
他人が一切干渉できない領域であり、
個性です。

 

また、自己分析や自己理解って、
自分が納得できるかどうか、
腑に落ちるかどうかが一番大事です。

自分のことを知ることがゴールなのではなく

自己分析はあくまで、
自分の人生をもっと楽しく、生きやすくするためのツールでしかありません。

 

診断結果をヒントに行動してみるのもいいですが、

やってみて
自分の心の中で、

「ん?なんか心躍らないぞ…」

って思ったら、
その感情の方が正解だと
私は思っています。

 

なので今回の結果も、

「私の背中を押してくれるものを選んで持って行こう!」

と結論付けることにしました。

 

それでも、
いろんな面からの私の得意を知ることができて、
本当に良かったです。

お子さんがいる人におすすめしたい

このヒューマンセンサー、
一番おすすめしたいのは
お子さんのいるパパ、ママだなって思いました。

きっと子育てしてて、
幼稚園に上がるくらいになると、

「この子には何が向いてるのかしら?

この子が心から楽しめて、
夢中になって打ち込めることが見つかる
手助けをしてあげたい!」

って思うのが、
親心だと思います。

 

でも、
当てずっぽうにとりあえず習い事をさせてみたり、
お教室の体験に連れていくのって
大変ですよね。

 

そこで、
ある程度のヒントがあると、
遠回りしないで
その子の「好き」や「得意」を見つけてあげられるんじゃないかなーと思いました。

それができれば、
経済的コストも、時間的コストも浮きますよね

 

子供は、
お母さんのお腹から生まれたからと言って、
お母さんのコピーではありません。

子供もまた、
お母さんと同じように
その子独特の個性を持った人間です。

 

ぜひ、

「うちの子って何が得意なのかしら?」

って思うパパやママは、
ヒューマンセンサーを子供に受けさせてみてください。

3歳と10日経ったら
測定できるらしいです。

 

では今日はこのへんで!

無料で「Amazon出版電子書籍」と「動画セミナー」がもらえます!

私は、
大手金融機関の営業職を6年経験しました。

最初はやればやるほどお金がもらえるので
いい仕事と思っていましたが、

お給料は多くても、

  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労

これが一生続くと思うと

「できない。」

この一択でした。

 

そこで、
インターネット上に「仕組み」を作って
お金も時間も自由になるネットビジネスを始めたんです。

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、

ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

 

登録の無料プレゼントとして、
私のこれまでを物語にした「電子書籍」と、
私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」がもらえます。

 

電子書籍は、
通常1200円でkindle出版のところ、
期間限定で無料配布しているので、
ぜひこちらから受け取ってみてください。

→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!