【鬼滅の刃】蜜璃ちゃんから学ぶ、強い系女子がマーケティングで幸せになる方法。

こんにちは!ぷうかです。

 

先日、私の大好きな漫画「鬼滅の刃」に関する記事を書いたら思った以上に共感の声をSNSでいただいたんで、

もう1つ私が鬼滅の刃から学んだことをお話していこうと思います。(前回の記事はこちら。「「鬼滅の刃」の炭治郎から学んだ、大人になっても成長する秘訣を語ります。 )

今日の主人公は蜜璃ちゃんです。

柱、恋の呼吸、甘露寺蜜璃

本名は甘露寺蜜璃。柱といって、鬼を退治する鬼殺隊の中でもトップの実力を持ち、選ばれしメンバーの一人です。

特徴はぐねぐね曲がる柔らかい刀を使って、本人も新体操選手顔負けの軟体。

明るくって可愛くって愛情深くて、でも強い。

可愛い。笑

でも、そんな彼女ももともとは強いことがコンプレックスだったんです。

女の子なのに強いって、やだよね。

蜜璃ちゃんは生まれた時から筋肉の密度が常人の8倍もあるという、得意体質でした。

1歳の時に15キロもする漬物石を持ち上げて、お母さんが腰を抜かすシーンも。

そしてよく食べます。

そして、よく食べる強い女の子として育つんですが、

17歳の時にお見合いが破断します。

(この男信じられない、サイテー!笑)

 

これをきっかけに、蜜璃ちゃんは自分を隠し続けて恋をしていくんですね。

自分を隠して、好かれるように可愛くて儚い女の子になりきるんです。

 

でも、

「私、一生こうして生きていくのかな?」

「私は私じゃないふりするの?」

と、本当の自分を隠して生きていくことに疑念を抱き、

自分に素直に生きていくことを決意し、自分らしくいられる場所を求め、鬼殺隊に入隊します。

男と肩を並べて仕事ができることを誇りにも思いながら、コンプレックスでもあった。

私はこの蜜璃ちゃんのエピソードを読んだ時、思わず自分と重ねて読んでしまいました。

 

というのも、

私は生まれた瞬間からじゃないかと疑うほど、

四六時中2つ上の兄に対抗意識を燃やすほどの負けず嫌いで。

 

兄が5歳で自転車の補助輪を外すと、3歳の自分もできないと気が済まず、

夕方6時を過ぎて暗くなっても、何度も転んで泥だらけになるわ痛いわでも、

近くの空き地で泣きながら補助輪無しで自転車の練習する子供でした。

 

何が何でもできないと気が済まなかったんです。

 

家出してホームレスになってからは、

仕事は選ばず寝る間も惜しんでなんとか生計を立てられるようになった副産物で、精神的にタフになりまくりました。

 

その後は稼ぐことが好きで営業になり、師匠に営業をとことん叩き込まれたおかげで、

関東では営業成績女性1位になるまで走り続けました。

 

営業の仕事は、周りの同僚はみんな男性だけど、めちゃくちゃ気が合う人ばかりで、

給料日前日には、男の先輩と給料明細を見せ合うのを楽しむような女でした。笑

 

たしかに女性として見られないし、

私をよく知る人はもちろん、初めて会う人にも

「中身男性ですね」って、何十回と言われてきました。

でも、私はそれが誇らしかったんです。

 

  • 負けず嫌いなこと
  • 男の人と肩を並べて仕事ができてること
  • 経済的に自立してること
  • タフでエネルギッシュなとこ

それは私の強みだって、昔から分かっていました。

 

でも、それが同時にコンプレックスにもなっていったんです。

「仕事の話、やめない?」

人の紹介で、テレビ局で仕事をしている人と2回目のデートに行った時のことです。

 

その日は車で横浜まで行ったんですけど、

私は根っからのお仕事大好き人間だから、助手席から相手の仕事の話を根掘り葉掘り聞くわけです。笑

 

「テレビの企画ってどういう風に決まるんですか?」

「出演者のタレントさんってどうやって決めるんですか?」

「なんで今の仕事に就くことにしたんですか?もともとテレビ好きだったんですか?」

 

私は仕事も好きだし、知らない世界を知るのが楽しすぎたのでひたすら相手のお仕事の話をしていて、

相手も最初は答えてくれるんですが、それに対して私がまた深堀りしてたんですね。

 

そしたら、彼がこう言いました。

「仕事の話ばっか、辞めない?」って。

 

私は楽しかったし、相手も答えてくれてたんで

「え、なんで?」って聞いたら、

 

「女の子が仕事の話ばっかりしてたら可愛くないじゃん。」

って言われたんです。

 

一瞬グサっとくるものの、そこに対してまた私が深堀りしちゃったんですが、

「仕事の話する女性って、どういうイメージ?」って聞いたら、

 

「んー、なんか引け目感じるし、せっかくの休みなのに、逆になんで仕事の話するの?」

って言われてしまいました。

 

一瞬沈黙になりましたが、

その後はその人が飼っている黒いチワワの話をひたすらして、その日は終わりました。

 

 

その会話から、その前にお付き合いしていた人とのことも思い出したんです。

 

その人は1つ年上で、4年間同棲してたんですが、

私は仕事に没頭して帰りは遅いわ休日出勤だわで、彼の方が自宅にいることが増えて。

でも女だし、家のことは完璧にやってあげようと思って、

営業の仕事をしながらも、毎日の夕飯、掃除洗濯ゴミ出し、ほぼ私がやりつつ。

彼が薄給だったので、光熱費以外の家賃・生活費は私持ち。

 

彼のスマホが壊れた時用に、彼が覚えられないappleのパスワードまで、私が覚える始末。

 

あっという間にヒモ彼氏の出来上がりw

彼女じゃなくておかんやん。やってること。

 

でもそうでもしないと、自分に女性としての価値無いとさえ思ってましたからね・・・

 

 

その辺から、

・給料は相手に死んでも言わない

・仕事の話は極力しない、相手の仕事ぶりを褒めるだけにする

・自分の仕事の話や経歴も言わない、なんなら仕事に本気感ゼロを醸し出す

っていう自分を作ることで、うまくいくのかなって思い始めました。

 

 

でも、

しばらくそんなキャラを取り繕って、その後にお付き合いする人ができました。

得意の営業スマイルで相手が喜ぶように立ち振る舞って。

無理して白とピンクが好きそうな女の子装って。

仕事の話したくても我慢して。

今月こんな契約取れたんだよって、言いたくても言わないでいて。

営業ってこういう瞬間が死ぬほど気持ちいいよって、言いたくても我慢して。

 

そんな風にしてデートやご飯、LINEを重ねてたんですけど、

 

だめだ。楽しくないや。

ってなっちゃったんですよね。

 

こんな風にしないと恋愛できないなら仕事してる方が楽しいや。

と思い、お別れして、営業の仕事と同時並行でビジネスをはじめました。

 

 

そしたらビジネスがめちゃくちゃ楽しくって。

お客さんが

「ぷうかさんのサバサバしたところが好きです!」

「ぷうかさんの話についていくのが精いっぱいですが、私もそれくらいまでなりたいです!」

「ばっさり意見を言ってくれるのが、すごい頼りになります。」

って、

メールをくださったり、YouTubeにコメントしてくださるようになりました。

 

あ、私、このままでいいんだ。

 

って、その時初めて思えたんですよね。

 

このありのままの私を求めてくれる人がいて。

私だからできることがあって。

私の言葉が誰かの背中を押すことができて。

 

お客さんに幸せになってほしくて、力になりたくて全力でやってるんだけど、

本当に救われてるのは私だったんです。

 

「お客さんに、生かされてるなぁ。」って、

お客さんがいるから、私がありのままでのびのび生きれるんだって思いながらビジネスをしています。

 

 

ちきりんさんという作家さんの本に

マーケット感覚といって、

「自分はどこの市場で戦うと、自分の良さや強み、特徴を活かせるか?」っていうのを考えよう。ということが書かれていました。

 

どういうことかっていうと、

話がうまくて、場を盛り上げるのが得意なタイプは合コンに行くとモテるけど、

話すのが苦手、コミュ力に自信がない、大勢苦手。でも1対1で話すのはできるし、話を聞くのが好き。って人は

合コンで勝負するんじゃなくて、むしろマッチングアプリとかで1対1で会う方が勝てる気しますよね?

 

無理に克服するより、どこで戦ったら自分に合ってるか?を考えるのは、

ビジネスしてるしてないに関わらず、重要な感覚です。

 

私の大好きなマーケター森岡毅さんも、

苦手を克服するよりも、得意を極限まで伸ばしてマイナスを補うべき。っておっしゃってます。

私もそう思います。

 

 

蜜璃ちゃんは自分を殺して誰かと結婚して家庭に入るより、強さを活かして鬼殺隊に入り、

私も同じく、自分を偽って可愛い儚げな女の子になるより、ビジネスを通してお客さんを幸せにする世界を選びました。

どっちが幸せかって言ったら、もうお分かりかと思います。

 

 

今はビジネス1本でやっているんですが、

今私の周りには、

「仕事の話、辞めない?」って言う人も、

「仕事好きって女の子って可愛くない」って言う人も、

「引け目感じる」って言う人もいません。

 

むしろ、大好きなビジネス仲間とは、

時間を忘れて朝までお酒片手に語り合ってしまうほどの中です。

もちろん、仕事の話もプライベートの話もします。

 

自分に合う世界を見つけて飛び込んでみて、

本当に良かったです。

 

 

あんまり話すと長くなっちゃいますが、

自分の強みを生かす世界はどこか?っていうのを考えて動けると、

ありのままで幸せを掴めるヒントになりますね、という話でした。

 

 

追伸*

ビジネス仲間で漫画家のるんさん

私ver.でサムネイル描いてくださいました。

めっちゃ可愛くて最高に嬉しいです・・・!

 

追伸2*

こういう視点になれたのも、ビジネスをスタートしてからです。

私がビジネスで独立した経緯の詳しいところは、メールマガジンでがっつりお話していますので、

ぜひ読んでみてください。

無料で「Amazon出版電子書籍」と「動画セミナー」がもらえます!

私は大手金融機関の営業職を6年経験しました。

 

最初はやればやるほどお金がもらえるので

いい仕事と思っていましたが、

お給料は多くても、

  • 土日も休日出勤は当たり前
  • プライベートほぼなし
  • バイクで夏も冬も外回り
  • 数字に追われ続ける精神的疲労

これが一生続くと思うと

「できない。」

この一択でした。

 

そこで、

インターネットの「仕組み」を作って

お金も時間も自由になるネットビジネスを始めました。

 

メルマガでは、

  • 個人でやるべきネットビジネスとは
  • インターネットによる「仕組み」とは
  • 「仕組み」でお金を稼ぐには
  • 自分でお金を稼ぐためのマインド

など、

ブログでは書ききれない情報をたくさんお届けしています。

 

登録の無料プレゼントとして、

私のこれまでを物語にした「電子書籍」と、

私が今やっているネットビジネスをすべてお話した「動画セミナー」がもらえます。

 

電子書籍は、通常1200円でkindle出版のところ、

期間限定で無料配布しているので、

ぜひこちらから受け取ってみてください。

→「動画セミナー」と「電子書籍」を受け取る!